まだサービス残業で消耗してるの?

まだサービス残業で消耗しているの?

サビ残弁護士はサービス残業を許しません。あなたの残業代をしっかりと回収します。

サービス残業は許しません!未払い残業代請求は、今や当たり前です!

一昔前までは当たり前に行われていたサービス残業ですが、それはもう過去のことです。最近はメディアで引っ張りだこと言っても過言でないくらい旬の話題ですよね。某運送会社や音楽会社等、大手の企業でサービス残業の実態が明らかになり、支払われていなかった残業代が社員の手元に届きました。しかし、ニュースになっていない所で今日もまた、残業代が支払われずにサービス残業をしている人もたくさんいるのです。

f:id:yokoyama-ben5:20170313110412p:plain

厚生労働省が公表したブラック企業334社

平成29年5月10日、厚生労働省によってブラック企業のリストが公表されました。中には長時間残業や賃金不払い、未払い残業代の労働問題によって送検された企業もあります。
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/dl/170510-01.pdf

このブラック企業リストに載っていないからといって、その他の企業がきちんと残業代を支払われているかと言うとそうではありません。むしろ未払い残業代があるにも関わらずに泣き寝入りしている人のほうが圧倒的に多いことは誰もが知っているはずです。

なぜ未払い残業代請求をしないのか?

自分が頑張って働いた分のお給料は必ず貰う権利があるのです。そして会社は必ずそのお金を払う義務があります。これは法律で決まっていることであり、覆されることはないのです。それなのになぜ泣き寝入りするのか。会社のいいなりになってサービス残業をしている人の本音を調べてみました。なるほど!と思いながら私も少し共感できるところもありましたが、やはり泣き寝入りは損しますよ。

未払い残業代を請求しない人の本音は?

1位:面倒なことは避けたい・揉めごとは嫌
2位:時間や手間がかかる
3位:残業代請求をするという発想がない
  
上記以外にも、「年俸制・管理職は残業代が出ないと思っていた」「残業をするのは自分の仕事が遅いから」という意見もありました。1位の意見から見える背景として、会社との関係性を重視する人が多いということが分かります。転職先にバレたくない人や、残業代請求をしたあともその会社で働きたいという人もいるようです。未払い残業を請求する上での基本的な知識を知っていれば、働いた分の対価としてきちんと残業代がもらえていたのに…って人もいますよね。

www.ben5.org


時間や手間がかかる

残業代請求を自分でするには確かに時間も労力も使います。まずは会社との話し合いを行い、会社が話し合いに応じてくれない場合は裁判所での労働審判になります。残業の証拠になるタイムカードや給与明細、勤怠表や就業規則はあらかじめ準備しておく必要があります。労働審判は3回までに決着がつきますが、結果に納得できない場合は裁判に。個人で法廷に出向いて証明するには、知識も必要になってきます。自分で出来ないこともありませんが、やはり弁護士に相談することをお勧めします。

www.ben5.org


納得いかない結果になったり、裁判になると長くて10か月もの期間を要することもあるので、専門家に任せるのが一番です。そんな時は無料で相談できるサビ残弁護士にお任せください。
相談料0円着手金0円の残業代回収|サビ残弁護士-横山法律事務所