まだサービス残業で消耗してるの?

まだサービス残業で消耗しているの?

サビ残弁護士はサービス残業を許しません。あなたの残業代をしっかりと回収します。

会社のお花見会で残業代がもらえる!?知っている人だけ得をするポイント。

こんにちは、サビ残弁護士( @checker23203943 )です。

まもなくお花見シーズンですね。毎年楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。でも会社のイベントとしてはちょっと・・・という方もいらっしゃるようです。



お花見も飲み会も会社の公式イベントであれば残業扱いの可能性大

f:id:yokoyama-ben5:20170326224133j:plain

こういうイベントで残業代がもらえるかどうかは、会社として「公式イベント」かどうかがポイントになります。たとえばほぼ100%の社員が参加したり、社長挨拶などの進行を決めたりすることがあるイベントであれば、100%業務と判断されるでしょう。お花見も同じです。

また幹事をすることになり、その準備で夜遅くまで会社に残っている場合なども残業扱いになることが多いようです。ただし、仲間内のイベントは対象になりませんので気をつけましょう。

休日の場合はさらに割り増し計算!?

そのイベントが休日に開催される場合は、さらに割り増し計算となることもあります。休日出勤と同じですね。ただこれも「公式イベント」かどうかが判断ポイントになります。

取引先との接待やお花見は?

f:id:yokoyama-ben5:20170326225031j:plain

一般的には取引先との接待やお花見の場合、会社としての「指揮命令」だと推定されることが多いでしょう。「取引先なので売り上げにも影響する」など言われた場合は、ほぼ間違いなく指揮命令にあたるので、もちろん残業代をもらえるでしょう。

また上司の指示ではなく自分の判断で接待した場合も、会社が必要と認めたものに対しては残業として認めらえるケースもあります(会社が公式に費用を負担している場合など)。

今すぐ、あなたの残業代をしらべてみましょう!

あなたが本来もらえる残業代はいくら?こちらのサイトで簡単に計算できます。思わぬ副収入になるかも!?
yokoyamalawoffice.com

サビ残弁護士(横山法律事務所)はサービス残業回収の専門弁護士です。