まだサービス残業で消耗してるの?

まだサービス残業で消耗しているの?

サビ残弁護士はサービス残業を許しません。あなたの残業代をしっかりと回収します。

転職・退職予定の方へ。確実に残業代を回収するために、辞める前にやっておきたいこと4つ

こんにちは、サビ残弁護士( @checker23203943 )です。

サービス残業代の回収に必要な「証拠」。証拠集めは、会社を辞めてしまったあとでは集めるのが難しいことも。できれば退職前にできるだけ集めておくことをオススメします。一番重要なのは「残業時間がわかるもの」です。ではどんなものが証拠として認められるのでしょうか?

タイムカード

f:id:yokoyama-ben5:20170305211131j:plain

紙ベースのタイムカード

プリントアウトしたり、写真で撮るのも一つのやり方です。証拠を保存するために会社の備品を利用しても(コピー紙等)大丈夫です。ただ万が一問題になる事を考えると写真を撮るほうがいいかもしれませんね。

勤怠管理システム

最近ではタイムカードを利用する企業も減り、勤怠管理システムを導入している会社も多いようです。ICチップの入ったカードやスマートフォン、指紋認証等で出社時間や帰社時間を記録します。この場合は勤怠管理をしている部署・人に履歴を取っていいか許可をもらう必要があるかもしれませんね。もしくは申請が必要な場合もあるので、確認しておきましょう。

メール履歴

f:id:yokoyama-ben5:20170305211438j:plain

会社のPCに残っている送受信履歴

一番証拠として有効なメール履歴は、会社のPCに残っているメールです。業務時間外の時間にメールの送受信履歴があると残業を裏付けられます。メールの中に業務の内容が記載されているとなおいいでしょう。

LINEや個人のメール履歴

LINEや個人のメール履歴も一応証拠にはなりますが会社のPC等にあるメール履歴の方がより有効です。

交通機関の利用履歴

f:id:yokoyama-ben5:20170305194205j:plain

タクシーや駐車場の領収書

会社に残って夜遅くまで残業していたら、終電をうっかり逃してしまったという事もありますよね。その場合はタクシーの領収書を貰っておくといいです。車通勤の方は駐車場の領収書に出庫記録が残っていると思いますので、そのつど保管しておきましょう。

交通カードの利用履歴(カードの場合)

電車通勤で利用する交通カード(パスモやスイカ)は履歴を取っておきましょう。駅の自動発券機では最大20件の履歴が表示され、印字する場合は50件まで可能です。ただ注意してほしいのは、26週以内の履歴しか確認ができないので残業をした際はそのつど履歴を取っておくことをおすすめします。駅にわざわざ行かなくても、交通カード履歴管理アプリ等(無料)を携帯でインストールすると、自分の利用している交通カードを携帯にかざすだけで、最大20件の履歴を携帯で見る事もできます。CSVファイルへの変換も可能ですので、残業した日の履歴を残しやすいでしょう。

交通カードの利用履歴(モバイルSuicaの場合)

JR東日本が提供しているモバイルSuicaを利用している人は、PCや携帯から履歴の閲覧ができ、最大100件まで印字が可能となっています。こちらも26週間以内の履歴のみになりますので、残業をした日を裏付ける証拠をうっかり取り忘れないように気を付けてください。
履歴には時間は記載されませんのでご注意ください(2017年3月現在)。ただし0時をまたいで帰宅した時などは十分な証拠になると考えられます。

業務日報や日記などの記録

f:id:yokoyama-ben5:20170305211926j:plain

退職間際だとあまり意味がないのですが、日記のような形で、その日何があって何時~何時まで働いていたか、どういう仕事をしたのかを書いている日記があれば特に有効です。ただ、残業代請求をするためにさかのぼって書く事は認められないことが多いのでご注意ください。できれば、残業以外の事(仕事内容等)もいろいろ書いてあるほうが有効です。

今すぐ、あなたの残業代をしらべてみましょう!

あなたが本来もらえる残業代はいくら?こちらのサイトで簡単に計算できます。思わぬ副収入になるかも!?
yokoyamalawoffice.com

サビ残弁護士(横山法律事務所)はサービス残業回収の専門弁護士です。